背中ニキビ 原因

背中ニキビ対策 キーワードはビタミンB2

 ビタミンB2は、レバーに含まれていることで知られていますが、イワシ、ウナギ、サバなどの青魚、卵、牛乳、ナッツ、緑黄色野菜などにも含まれていて、熱に強いことから調理の際には煮汁も合わせていただくと良い栄養素です。

その外の性質として、光には弱くアルカリには不安定なところがあります。

それにビタミンB群とビタミンCとに共通する、水溶性で体内の貯蔵が利かない特徴(B9は肝臓に蓄えができる)がありますから、日常的な摂取を心掛けることが大切です。

 ビタミンB2の働きは、外のビタミン同様に身体の健康を整えることです。エネルギー源として身体に入ってきた脂質や糖質やたんぱく質をエネルギーに変え、特に脂質の代謝に大きな役割を担っていて、皮膚や毛髪や眼や粘膜などの健康維持や肝臓の解毒作用などに通じる、細胞の再生や成長を促進させる働きをしています。

背中ニキビとの係わり合いからビタミンB2をみてみましょう。

背中ニキビは、毛穴の脂質を好むアクネ菌と過酸化酸素が関係して発症します。

ビタミンB2は、脂質やたんぱく質を分解し、皮膚や細胞の再生に力を発揮してくれますから、毛穴の皮脂の増加やアクネ菌の繁殖を抑え、皮膚の免疫力を高めてくれます。

つまりビタミンB2は、皮膚の健康維持を体内で働き掛け、背中ニキビを解消してくれる栄養素の一つです。そこで美容ビタミンとも呼ばれています。

 ビタミンB2は、通常の活動をするには通常の食事でまかなえますが、ビタミンC同様、タバコを吸いすぎたりアルコールの摂取が多かったり激しいスポーツを行ったりすると消耗が激しくなりますから、サプリメントなどでの補給が考えられます。

背中ニキビに関連付けるのなら、喫煙は皮脂の増産など悪影響を及ぼしますから止めなければならない対象になりますが、ニキビを軽減するためには、サプリメント等で補助的に摂取するのは良いことです。

ビタミンB2は水溶性ですから、食物で取り過ぎたとしても尿となって体外へ排出されます。栄養補助食品で大量に摂取しても排出されるといわれていますが、一般の生活においては用量を守って摂取しましょう。

背中ニキビの症状が白ニキビなどの初期症状の場合には、食物以外のビタミンB2補給するのは良いでしょう。黒ニキビや赤ニキビへ移行し症状が進んだ場合には、専門医などと相談の上摂取することを勧めます。

 背中ニキビを解消するには、ビタミンB2は確かに有効な物質の一つです。

しかしながら背中ニキビの発症を感じたら、身体がSOSを発していると思い、今一度生活習慣や食生活を見直してみましょう。ストレスはないか。発散しているか。栄養は偏っていないか。十分に睡眠を取っているか。このように身体に過剰な負担を掛けていないかどうか、日頃の日課を省みるだけでも、背中ニキビの解消につながっていきます。

三大栄養素の糖質、脂質、たんぱく質にビタミンとミネラルを加えて五大栄養素といいますが、そこに食物繊維を取り入れた、多くの食物を取り混ぜて食事をするように心がけましょう。そして入浴を介して身も心もリラックスさせ、皮膚を回復させるため十一時前には就寝しましょう。

サイトMENU

背中ニキビを退治せよ HOMEへ

Copyright (C) 2011 背中ニキビの原因とは?. All Rights Reserved.